小型アプリケーションの総称としてのガジェット

ガジェットという言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、その意味を知っている方はまだまだ少ないようです。

そもそもガジェット(gadget)という単語は、辞書によると、「(機械の)付属品・ちょっとした仕掛け・工夫」と説明されています。
特にガジェットという言葉がよく使われるIT分野においても、もともとはその意味通り、「ユニークな機能をもった、手頃で手軽に買える、おもちゃのような電子機器全般」に対して使われている言葉でした。
しかし近年では、便利でユニークな機能をもった「小型アプリケーションの総称」としてガジェットという言葉が使われることが一般化しています。

小型アプリケーションとしてのガジェットの代表的なものとしては、インターネットからデータを受信することで情報を常に更新できる「ソフトウェア」があります。
それらガジェットが提供している機能は、時計やCPU負荷といったガジェットがインストールされた電子機器上に情報を表示するためのものから、カレンダーや通貨換算といったミニツールに加えて、天気予報や最新ニュース、株価情報といった特定のWebサービスにアクセスして最新情報を随時取得するもの、など非常にさまざまです。

特に、近年の急速なスマートフォンの普及に伴いその種類は急増しています。
また、それぞれのガジェットの機能は分離されて表示されるため、どれを表示させるかをユーザーが自由に選択できるのも魅力です。

つまり、自分仕様にパソコンやスマートフォンをカスタマイズできるのもガジェットのおかげなのです。

現在の私たちの生活においてガジェットはすでになくてはならない存在なのです。

Copyright (C)2017人気ガジェットとスマホのアプリ.All rights reserved.